東北の書店

政文堂閉店

私はあちこち書店を周っているけど、それは営業というより取材の意味合いも強い。もし営業だけだったら、東京都心の大型店をしらみつぶしにまわるのが一番効率がいい。わざわざ福島の10坪ないような小さな書店に3度も4度も足を運ぶ必要はない。
営業もあるけど、それ以上にそこの店の人に会いたいから行くのだ。京都に行ったらガケ書房の山下さんに会おうとか、そんな店が全国に何軒もあるということを、私は幸せだと思う。

そんなひとつだった神戸の海文堂が、先月閉店した。これで神戸元町という場所に、もう2度と行くことがないかもしれない、と思うくらいがっかりした。
そしてそのショックが褪せないうちに、福島の政文堂から今月いっぱいで閉店する、という連絡をもらった。こちらもたいへんなショックだ。わずか10坪にも満たず、平積みになっている本でも一種類につき1冊か2冊しか置かない。まあ、よくある地方の小さな店だ。しかし、そこのおばさんとはとても気が合った。初対面で3時間も立ち話をした。書店員というだけでなく、人生の先輩として、いろんな話を聞かせてもらった。客商売は接客が基本ということを、身を持って教えてもらった。私にとってはそこを訪ねることが福島を訪れる大きな目的になっていたのだ。

こちら、ご主人の御病気というどうしようもない理由での閉店だ。しかし、撤退ではない。以前ブログでこの店のことを「家族経営で、持ち家だからやっていけるんじゃないか」と書いたが、そうではないそうだ。借家で、それでも身の丈にあった商売を何十年も続け、いまでも無借金経営なのだそうだ。訪れる客は少ないが、ここを贔屓にするお客も多く、一度に何冊も買う人もいる。また、そういう人が好むだろう本をあえて並べたりする。客の顔が見える商売を福島駅前で何十年もしてきたのだ。そうして、すでにサラリーマンなら定年の年を越えている。子供たちも独立している。健康のために区切りをつけるというのは無理のない話だし、書店員人生を無事全うされたと、店主夫妻を祝福したい。

海文堂のように有名なお店ではなく、閉店にあたって新聞で取り上げられたり、本が刊行されたりするようなことは決してない。
そこを愛した人たちにだけ惜しまれて、政文堂はひっそりと消えていくのだろう。

だけど、私は好きだったよ。
訪ねるのがいつも楽しみだったよ。
福島駅前の政文堂書店。
そこにあってくれて、ありがとう。
いつまでも忘れない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

124 .ブックボーイ 夢商店街店(岩手県大船渡市)

正直、ここに来られるとは思っていませんでした。Pb270360
岩手県大船渡市。
ブックオカに行った時、西日本新聞の記者の方が誘ってくださらなければ、来られなかったと思う。
ほんとは12月と2月に「銀盤のトレース」(実業之日本社)の文庫が出るし、3月には「ブックストア・ウォーズ」改め「書店ガール」(PHP文芸文庫)が出るので、11月はその作業の大詰め。書店周りをしている場合じゃなかったりもするけど。
だけど、せっかく声を掛けていただいたし、それはこうしてお金にならない(むしろ持ち出し)書店ブログをせっせと書いてきたおかげだと思うし、無理やり時間を調整しました。Pb270373
今回の旅、実は大船渡以外にもいろいろまわったのだけど、それは西日本新聞の子供記者の記事に詳しい。私自身はここでブックボーイさんを訪れた時の話を書こうと思う。

西日本新聞の方たちがここを訪れることになったのは、ブックオカがこのブックボーイさんを支援しているからだ。ブックオカの売り上げの一部を被災地支援にまわすことをブックオカの実行委員が決めたのだが、どこかの組織にお金を委ねて何に使われたのかわからないのではつまらない。どうせだったら同じ本屋仲間を援助したい。それもあちこち分散するのでなく、復興に向けて頑張っている本屋に渡したい。
しかし、お金は無尽蔵にあるわけではない。いろんな書店に渡すのでなく、どこか一店に絞ろPb270361 う。
そうして選ばれたのが、このブックボーイだった。
そして、西日本新聞の子供記者たちが、ブックオカの名代として支援金を届ける。
それが今回の一番の目的である。

なぜ、このブックボーイが選ばれたのかは、ブックボーイさんも西本新聞の方もご存知ではなかった。だが、ブックボーイさんのお話でなんとなくわかったのは、津波でダメになった書店というのはすごく多いわけではない。さらに、復興に向けて活動してPb270363_2 いる店はさらに少ないのだ、ということ。津波の被害を受けた場所は中小都市の、それも海辺だったから、小さな本屋が多い。だから、資金力がなくて震災と同時に閉店してしまったところが多いし、津波で店主も亡くなられて、そのまま店が消滅してしまったケースもある。
だから、復興に向けて歩み出そうというお店は少ない。こちら、ブックボーイのように、5店舗あるうちの4店舗まで流され、それでもまた新しく店を立ち上げようというのは稀なケースなのだ。そういうことから、ここが選ばれたのだろう、となんとなく納得する。

さて、今回訪れた夢商店街、というのは、大船渡駅西側に作られた仮説商店街だ。3850平Pb270364 方メートルの施設に33区画、飲食店、衣料品、食料品、スポーツ用品から理容・美容、和・洋菓子など30業者が集まっている。もとの大船渡駅周辺の商店街の業者が中心になっており、駅近くに店舗を構えていたブックボーイも、それに参加することになったのだ。二年という期間限定だが、この場所の土地代、建物の建築代などは国や民間の支援で支えられている。

おりしも訪れたのは12月1日のオープンに向け、急ピッチで準備が進んでいる頃。ま新しい木の香りが漂い、ウッデッキを作るカンカンという音が鳴り響いている。
「これこそ、復興の槌音だね」
西日本新聞の記者の方と話し合う。
お会いしたブックボーイの佐藤勝也さんは、とても明るい笑顔で一行を迎えてくれた。わざわPb270370 ざ福岡から、それも福岡の書店仲間からの支援金を持って訪ねたのだから、嬉しくないはずはない。だが、それ以上に、
「これから店が始まることにわくわくしている」
と言う。津波の後、4軒もの店が流され、自宅も流され、正直もう商売はダメだ、と思ったそうだ。しかし、そんな中でも、本を求めに店を訪ねるお客さんが来る、「早く大船渡にも帰ってきて」と頼まれる。版元や取次ぎやほかの書店の人たちから「頑張って」と激励される。そうしたことが、少しづつ佐藤さんの力になっていったのだ。
「本当に、みなさんには助けられています。つい2日前にも、日販さんの東北の大会があって、被災地の書店支援のことが話し合われましたし、震災直後の、ガ ソリンや物資がないとPb270366 きにも、瓦礫の中、リュックをしょって届けてくれた人もいました。ほんとうに、みなさんに足を向けて眠れないです」

我々が行った時はオープンを目前に控え、取次ぎから届いた真新しい本を書棚に詰め込んでいる真っ最中。店舗面積は約30坪、以前の5分の1だ。それでも、開店できる嬉しさが勝る。小さいなりに、子供たちや家族が喜ぶ本を充実させようと棚作りをしている。
ブックボーイという店名は、もともと「少年少女に夢を与えるような店にしたい」ということからPb270372 名づけられた名前だ。震災直後、多くの子供たちがブックボーイに一軒残った支店の方に訪れた。大人たちが自分の子供や孫のために、と児童書を買って行った。テレビゲームなどに押されて子供の本への関心が薄れていたと思っていた佐藤さんは、これほど多くの人が本を求めているのか、と実感されたそうである。そうして、改めて、少年少女に夢を与える、ブックボーイ本来のコンセプトに立ち戻った店を開くことにしたのである。

話をしている最中に、わらわらと人が店に入ってきた。みな、青いジャケットを着込んでいる。Pb270371 そして、一斉に棚に本を入れる作業に取り掛かった。
「あれは、日販の方たちなんです。日曜休みを返上して、うちの手伝いに来てくれているんです。ありがたいことです」
我々が到着した時は昼休みの時間だった。食事が終わって、一斉に戻ってきたところだったのだ。こちらも思わず絶句した。500坪1000坪の店ならよくあることかもしれない。しかし、わずか30坪の店では普通はありえないことだ。
それからこっそり佐藤さんに、
「今回の津波で流された本の代金を、版元や取次ぎが全額かぶることになったという話は本当ですか?」
と、訪ねてみた。
「ええ。最初は3分の1とかそういう話だったのですが、結局は全額持ってくださるということにPb270375_2 なりました。おかげでこうして店を出すことができます」

ああ、素晴らしいことだ。
みんなが、自分のできる範囲で被災地の人を助けようとしている。
その事実も素晴らしいが、それを笑顔で受け入れる佐藤さんの心根も素敵だ。
実際のところ、もう隠居してもおかしくない年頃で、商売がこれだけダメージを受けたことで、佐藤さん自身はどれほどショックだっただろう。店だけでない、自宅も全壊し、避難している孫たちとはいまでも別れて暮らしているのだ。それに、この街で生活しているのだから、友人や親類の何人かは確実に喪ってもいるだろう。
実際のところ、現地では震災のショックで何もする気になれず、義援金を使ってパチンコ三昧の日々を送っている人もいるという(だから、現地ではパチンコ屋が繁盛している)。これだけの被害だ。そんなふうに心が折れても仕方ない。というか、そちらの方がむしろ普通の反応だろうと思う。
それでも佐藤さんは、ほんとうに、とびっきりの笑顔で私たちを迎えてくれた。
こうして来てくれることが力になる、とおっしゃってくれた。
その事実に、我々の方が慰められるのだ。

後日、西日本の記者の方のところに佐藤さんから電話があったという。
オープン直後は大盛況で、みんな喜んでいたが、2ヶ月も経つと、結構、お客様も不満を口にするようになった。
曰く、八百屋と魚屋はあるのに、肉屋がないとか、子供服の店が欲しい、とか。
だけど佐藤さんは、
「わがまま言える場所があるって、素晴らしいね」
と笑っていたそうだ。
そんな人だから、応援しないではいられない。
幸多かれ、と祈らずにはいられない。

またいつか、この店に行けたらいいね。
西日本新聞の方とは、そんなふうに話している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No,123 さわや書店 上盛岡店

さて、西日本新聞の方に誘われ、大船渡に行くことになった。 Pb250308_2
それに合流する前日に、盛岡へと行く。
どうせ岩手に行くのであれば、大好きな盛岡に行って来ようと思ったのだ。盛岡には二回行って、すっかり気に入ったのに、まだちゃんと街を見ていない。雑誌「てくり」で見た光原社に行きたかったり、丸善仙台の鈴木さんに薦められたコッペパンを食べたかったり。そんなことを思って盛岡に泊まる事にしたけど、やっぱり行く直前に予定を変更、宮古にまた行くことにしたので、結局、街中はあまり見られませんでしたけれども。

で、ともあれ、さわや書店上盛岡店に行きました。その、店に行ったというより、本店から異動Pb250310_2 になった松本大介さんに会いに行ったのだった。今回は大船渡行きがメインなのでそれほどガツガツ営業するつもりはなく、会いたい人に会えればいいくらいのゆるい心構えだ。
さわや書店と言えば、以前にもブログに書いた駅前商店街の中にある本店、そして盛岡駅の駅ビルにあるフェザン店が有名だが、ここは駅からタクシーで10分ほど行った所にあり、市内ではあるが郊外店の位置づけになる。広さは三百坪弱。本店やフェザン店に比べると通路も広く、ゆったりとした雰囲気である。平台も楕円形をしていたりして、広々としている。 Pb250313_2 平日は年配の男性客、土日はファミリー層が多い。また、近くに本屋とは相性のいい総合病院があるため、その患者や見舞い客も多く訪れるそうだ。

そうしたことから、目につくのは郊外店に多い実用書や雑誌、アイドル本、歴史や時代小説の類だったりするが、男性向けのコミックやライトノベルの充実ぶりが目立つ。郊外店というよりコミック専門店に近い匂いがある。コミックをレーベルごとに仕分けし、一冊ごとに発売日を表示するというあたりPb250316_3 に、小さな工夫も見られる。以前、ここで働いていた男性スタッフのこだわりの表れだそうで、そうしたことも男性客が多い理由なのかもしれない。

文芸の棚をじっと見ていたら、松本さんに「ここは普通の棚ですよ」と謙遜されたが、中には手描きイラストつきの大きなポップがあったり、「団志が死んだ」コーナーがあったり、ちゃんとスタッフの工夫も見 られる。
ただ、誤解を恐れずに言えば、それがまだそれぞれのコーナーのスタッフのこだわりに留まっPb250319 ている感じがして、店全体の統一感になっていないのが、この店の課題というか、伸びしろの部分なのではないだろうか。いまでも、それなりに感じのいいお店ではあるが、もっとよくなる気がする。

私が訪れた時は、松本さんがここに異動して来てまだ2週間足らずの頃。ずっと本店勤務 だった松本さんは、
「まだ客層を見ている段階です。どんな感じか探りつつ、これから自分なりのやり方を出して行きたい」
と言う。そもそも「雑誌とコミックの店」であるこの店に、文芸に強い松本さんが呼ばれたのは、文庫・文芸を上げてほしい、という会社の思惑があったのではないだろうか。少なくとも、松本さん本人はそれが使命だと思って頑張ろうとしている。
異動してきたばかりでお忙しい松本さんとはあまり話をする時間がなかったが、Pb250317
「もうちょっと時間が経ってから、この店をまた見て下さい」
と、言われた。
よっしゃー!
半年後か1年後か、また必ず来るよ。盛岡観光しそこねてるし。
その時、松本イズムがどんな形で表れているか、楽しみにしているよ。
と、勝手に心の中で挑戦状を突きつけて、店を出た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No,119 宮脇書店ヨークタウン野田店

たぶん、この店がこのブログで最多出場店。今回も、いちおし会に行く前に、こちらをのぞいP7210241 て見ました。訪ねたのは夏の文庫フェアの真っ最中。それがいまさらの掲載で、ほんと申し訳ありません。熊坂店長、ごめんなさい。

いまさらのいまさらなんですけど、ここの夏フェアの飾りつけは、ちょっと他所ではみられない 素晴らしいもの。少なくとも、私が訪ねた110数軒の中ではベスト1です。
なので、何度でも紹介したいと思います。ほんと、いまさらですみまP7210238_2 せん。

今年は朝顔とか、グリーンカーテンな感じでコーナーを飾っています。新潮社はグリーンカーテン。デッキチェアで涼むyondaくんがいます。
角川はグリーンカーテン。角川の犬はなんて言うんでしょ、はっ犬?
集英社は朝顔ですね。集英社も、えっと、名前わからないマスコットキャラのミツバチがちゃP7210263 んといますね。
店の真ん中の目立つところに設置されてました。夏フェアで飾りつけする店は多いけど、ここはぬいぐるみとかをちゃんと手作りしちゃうからすごいよね。

年々、完成度が増して行く感じ(でも、新潮社の営業の人は見に来ていないそうです。なぜなんでしょう)。

夏の文庫フェアだけじゃない、昨年、集英社の飾りつけコンクールで最優秀賞を受賞した「ワP7210246 ンピース」も頑張っています。今年はヒロイン押し(すみません、「ワンピース」見てないんで、名前知らない)の飾りつけ。珊瑚で、こちらもラブリー。女性ファンも喜びそうです。

だけど、今年はそれよりすごいものを発見してしまいました。なんと、あの売れっ子漫画家よしながふみさんの自筆原画!
すごいよ。複製じゃないんだよ。東京だって、ちょっと見られない。
なぜ、これがここにあるのか。
「実は、うちの店の『大奥』の飾りつけの写真を白泉社の営業さんが(編集部通しで)よしながP7210252 さんに見せてくださったんです。それで、よしながさんがたいへん喜んでくださって、御礼にとこれを下さったんです」
ブラボー!! いいなあ、白泉社の人も、よしながさんも。
都心の大型書店じゃ、こういうことも珍しくないだろうけど、こうして地方で地道に盛り立てている書店は案外忘れられがち。だから、こんなふうに地方の店が大事にされているのを見ると、嬉しくなるよ。
もちろん、ここが被災にあった福島の店(しかも、コミック系では県内トップクラス)だから、という配慮が働いたからかもしれないが、それにしても、よしながさん、優しい。私はかつてはラノベ編集者で、漫画家やイラストレーターという人といろいろ付き合ってきたので知っているが、そういう人たちは自分の絵をとても大事にしている。簡単にはP7210247 手放さない。これだけのクオリティの絵を描いて贈るってことは並みの好意ではない。
もう、これはこの店の宝ですよ、ほんと。どうぞ、大事にしてくださいって、私が言うことじゃないか。

さて、この宮脇書店、震災の被害はどうだったのか。
「当日は揺れで、棚が30センチほど動きました。天井も床もひび割れができましたしね。本も7.8割落ちました」
壁に取り付けた長い長い本棚は左右に揺れたため、奥の方の壁を突き破った。併設していP7210264 るドトールの方も、買ったばかりの機械が落ちて壊れるなど、少なからぬ被害を受けている。
しかし、それでも震災の4日後、15日には店を開けた。その前日の14日に入荷があり、次の入荷がいつになるかわからない、という情報が入っていたためである。
当初は停電があったので、10時から4時までの短縮営業だった。
だが、こういう時こそ、本の仕事をしていることを誇りにしたいし、本を届けることで福島を元気にしていきたいと考えたのだ。
それで、店の方はだんだん通常の営業に戻っていたけれど、やっぱり原発の問題が堪える。

福島市自体は、私が訪ねた7月には、もうすっかり平常に戻っていた。人々は普通に買い物P7210260 や生活をしているし、暗い顔をしているわけではない。
だけど、たとえばこの店の人気ベスト10のコーナーを見ると、震災後、ツイッターで福島のことを訴え続けた和合亮一さんの詩集がトップにきているし、新書のベスト10などは6位と7位を除いては、全部原発関係の本。
もちろん目立つところに、原発関連の書籍で大きなコーナーができている。
常に原発と隣り合わせの日常を淡々と送るしかないのだ。

熊坂店長は、東京から来た親しい営業マンに「放射線濃度の高いフクシマにようこそ」とブラック・ジョークを言うそうだ(某営業マンから聞いた)。
原発の問題をなかったことにはできない、だけど深刻に受け止めるのも嫌だ。だからもう、こP7210266_2 れは自らジョークにしてしまえ。
当事者だったら、自分もそうしたかもしれない。

なぜ、福島だったのか。
たぶん、現地の人たちは何万回も心の中で問うているに違いない。
それに対する答えなどないのだ、とわかっていても。
あの日を境に全てが変わってしまった。
それはどこよりも福島の人たちが強く感じていることだろう。

安全な東京にいて、被災の影響を受けなかった私には何も言えない。
ほんとうに、言葉もない。

だけど、また誘われればいちおし会に行く。
福島に遊びに行く。
前と変わらず福島の人たちと付き合っていく。

それだけがはっきりとわかっていることだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No,118 みどり書房イオンタウン店(福島県郡山市)

さて、7月は21日に福島へと出掛けた。友人宅の震災見舞いと、前にも書いたいちおし会へ参加するためだ。
だが、福島に行くからには書店にも行きたい。時間はないが、行ける範囲で行こうと思って訪れたのが、ここみどり書房イオンタウン店。こちらに、以前お会いした浅田三彦さんがいらっしゃるからだ。
地図を見ると、郡山駅から徒歩で6,7分で行けるはずと思ったが、方向を間違えて15分ほどうろうろしてやっと見つけたイオンタウン。東京近郊に在るイオンのイメージから、3階建てくらいの大型ビルのショッピングモールを予想していたら、これが広い駐車場を取り巻くような形で平屋の店が並んでいる(一部2階建て部分もある)オープンモールのショッピングセンター。そう、ハワイの郊外で見掛けるようなタイプだ。
しかも、みどり書房のある場所を間違えて、敷地の中を行ったり来たり。辿り着くのにえらい手間が掛かった(帰りは正しい道を教えてもらったので、ほんとに5分で駅に着いた)。
「ここが出来たのは11年前。イオンショッピングセンターでも初期のものなので、この形ですP7210220_2 が、今はクローズドタイプが主流になっていますね」
と、迎えてくださった浅田さんに伺う。そうだったんですね。あけっぴろげなアメリカンな形はやっぱ日本人には好まれないんですね。
「でも、このタイプだったから、震災の時も被害が少なかったんです」
なるほど、今回の震災では、郊外のショッピングモールにある店はどこも再開が遅れた。ビル自体の損傷のためや、その店だけでなく、ほかの店の復興と足並みを揃えなければならない、という事情があったからだ。しかし、ここの場合はオープンモールであるから、自分の店の都合だけで開店することができる。
とは言うものの、郡山市全体が断水、停電、ガスも止まっており、この店も天井が落ちて50P7210230_2 センチほど隙間が空いていた状態だったため、再開まで3週間を要した。しかし、敷地内のスーパーが震災後2日目から外で売り始めたため、お客は集まっていた。
「どこがガソリン不足なの、っていうくらい駐車場もいっぱいでした」
こちらのお店も、再開と同時にすごい人手だった。
「出版輸送が止まっている間、とにかくめちゃめちゃ売れた」
という。前年比180%増だとか。あらゆる種類の本が売れたが、とくに週刊誌がすごい売れ行きで、入荷されて半日持たずに完売したという。
今はもう震災関係は落ち着いたが、やはり福島、原発関係が変わらず売れ続けている。ここ郡山は、原発から避難してきた人も多いので、とくにそうなのかもしれない。
ところで、みどり書房と言えば、桑野店のことが気になっていた。こちら、震災が酷かった店と して噂に伝え聞いていたから。ほんとはそちらにも行きたかったが、以前お会いした山本雄P7210226_2 治さんが多忙のためお会いできそうになかったので、あきらめたのだ。
「あちらは確かに酷かったですよ。天井の石膏ボードが落ちたうえに、スプリンクラーも起動してしまいましたから」
しかし、6月8日にはなんとか店を再開させたそうだ。文芸関係にも力を入れているとてもいいお店なので、再開されて本当によかった、と思う。

さて、ここイオンタウン店、ワンフロアで333坪ほどの手ごろな広さのお店。浅田さんに言わP7210227 せると、
「駅近のショッピングセンターにある店なので、普通の店ですよ」
と謙遜されるが、いまどき珍しいことに、コミック雑誌売り場が入ってすぐのところにある。ワンピースの平台がレジの横に大きく取ってあり、レジ前に「ワンピース」のお菓子コーナーがある。本以外のものを置く店は増えているが、レジ前でお菓子コーナーを作っているのは初めて見た。親子連れが多いショッピングモール店ならでは、だろP7210229_2 う。
ほかにも、時代小説に大きなコーナーが取ってあったりもするので、お年寄りも多い。つまりは幅広い年齢層が訪れる店ということなのだろう。確かに桑野店や噂に聞く白河店ほど文芸関係に凝った品揃えの店ではないかもしれないが、ポップで多くの人に愛されるお店なのだろうと思う。
さて、ここにも「ハルヒ」の谷川流さんの跡を見た。ポスターに直筆のサインを残している。丸善仙台アエル店のところにも書いたが、谷川さん、ほんとにマメに被P7210235 災地の書店をまわっているなあ、と感心する。浅田さんが谷川さんにお会いした時、私の話を振ったら反応されたそうなので、私が作家デビューしたことも知っておられたらしい。まあ、話のタネにしていただけたのなら、光栄です。

ともあれ、久しぶりに浅田さんの元気なお姿も拝見し、ほどよく混雑した店内を見て、なんとなくほっとする気持ちで福島一軒目の訪問を終えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No,117 紀伊國屋書店仙台店 再び

さて、仙台最後のお店がここ紀伊國屋仙台店。震災での被害がひどかった店として噂に伝P5040211 え聞いていた。その後の状況が気になっていた店のひとつである。

しかし、訪問した6月26日には、紀伊國屋書店の入っているモールというショッピングビルも通常営業しており、お客様も普通に出入りしていた。震災の跡形もない。ほっとして、紀伊國屋のある三階に行き、以前にもお会いしている山口晋作さんを呼び出してもらう。山口さんは私の顔を見るといきなり、
「大沢軍団にお会いになったそうですね。たいへんでしたね」
と言われて、ちょっとびびった。ツイッターには書いたけど、ほとんど反響がなかったので、みP5040199 んなにスルーされたと思ってたんだよ。その事実、忘れていたんですけどね。
で、大沢さんは、もちろんこの店も訪問済み。当然と言えば、当然か。谷川流さんも、やはり訪れたそうです(右は、控え室にあった谷川さんのサイン)。

で、まず震災の時の状況を伺った。
もともとこの地区は地盤が緩かったところに地下鉄を通したため、震災の被害も大きかったのだそうだ。震災当日、山口さんは非番だったが、あまりにも大きな揺れだったので、その日のうちにお店の方に駆けつけたところ、ビルには入れず、スタッフは駐車場に集まっていて、なかには泣いている人もいた。本棚が倒れたため、床に散乱。3日後には、棚から崩れた本の山に、水道管から漏れた水が染み、一千冊ダメになったという。
その後はビルの安全管理などの問題で、立ち入ることができなくなった。それで、しばらく自宅待機になるのだが、当初はキャッシュディスペンサーも止まっており、電子マネーも使えないため、現金が無くて困ったという。それから、店が開いていないので、食料品を手に入れるのもたいへんだった。
「僕の場合はツイッターとかで情報を得ることができましたが、お年寄りなど、情報を得る手P5040205 段を持たない方はたいへんでした」
それから、ガスがなかなか復旧しなかったため風呂に入ることができなかった。電気ケトルでお湯を沸かして身体を洗ったりしたそうだが、右顎のところにアレルギーが出来、それがなかなか治らずに困ったのだそうだ。
「でもまあ、店の方に物資とか届きましたし、そんなにたいへんではなかったですよ」
山口さんの場合は、単身でこの地に赴任してきたという身軽さもあり、親類が被災地にいないこともあって深刻にならずにすんだ。それに、やはり紀伊國屋という大きな組織にいることの安心感もあったと思う。これで店が潰れるかもしれないというような心配とは無縁だっただろうし、ほかの支店からの援助も期待できた。奥の控え室には、全国の紀伊國屋書店から送られてきたP5040198 この店への応援メッセージが書かれた色紙があった。壮観だった。これだけの仲間がいればなんとかなる、そう思わせるような光景だ。
「当初は再開の目処が立たず、撤退するんじゃないか、あるいは再開しても7月とか8月になるんじゃないか、と言われていました。そうなった時、今まで働いてくれていたアルバイトの方たちが残ってくれるのか、あるいは、新しい人を雇って一からやり直さなきゃいけないんじゃないかということが心配でした。結果的には、辞める人がいなかったので助かりましたが」
この店は、結局、震災後1ヶ月以上休業を強いられる。再オープンしたのは4月28日、ゴールデンウィークに何とか間に合わせた形だ。オープン直後はすごいお客で、再開が待たれていたことを実感する。その後、売り上げはずっと30%増しの状況が続いている。

ところで、山口さんは震災後、「何を売るか」ということについて、以前より考えるようになったという。P5040208
たとえば小説とか学習参考書にも良し悪しはある。だが、それらは悪くても実害はあまりない。しかし、放射能関係はそうではない。今すぐ命に関わるということはなくても、将来的にどうなのか。間違ったことが書かれているものを置いてもいいのだろうか。
一方で、やみくもに不安を煽るような雑誌を置くことも抵抗がある。小さい子供などに、いたずらに恐怖心を与えかねない。
「だから、置く本を選ぶべきかと思うのですよ。だけど、それを選べる高い見識を持った人ばかりではないですしね」P5040210
なるほどな、と思った。商売としては、売れればいいと考えるべきかもしれない。お客さんが欲しがるものを売る。それが書店の役割だ、という考え方もあるだろう。だが、これだけたくさんの本が売られている昨今、置くべきでない本は置かない、という選択もある。もちろん、小さなお店ですでにやっているところはあるが、紀伊國屋書店ほどの店がそれをやるというのは、書店としての見識を打ち出すことになるかもしれない。
そんなことを考えさせられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No,114 横田やと「こどもとあゆむネットワーク」

この日は仙台の本イベント「Book !Book!仙台」の一箱古本市が開催されていた。アーケードP5030151_3 のあるサンモール一番町商店街で、それぞれ工夫を凝らした店がいくつも並ぶ。それを眺めたり、神社の一角を借りてイラストやおみくじの売り子をしているジュンク堂仙台ロフト店の佐藤ジュンコさんに会ったり、イベントの主催者である「火星の庭」という古本屋でお茶をしたり。それはそれで楽しい時間だったが、早々に切り上げ、タクシーで横田屋という児童書専門店に出掛けた。横田やの店主で、ボランティアグループ「こどもとあゆむネットワーク」の代表をされている横田重俊さんに会うためだ。
実は前日、東松島図書館の重い現実を知り、本を巡るボランティアというものをもっと知りたくなり、帰る道中で横田さんに急遽、アポを取ったのだった。「こどもとあゆむネットワーク」は、先の東松島図書館にもかなり早い時期(4月17日)に9千冊もの本を寄贈している。ほかにも、保育園や学校に、本やおもちゃ、備品などを届ける運動をしている。

同行するのは佐藤店長、それからこの日東京から来たばかりの空犬さん(吉祥寺の書店関 係者の集まりである吉っ読むの仕掛け人)のふたり。佐藤店長は前にも書いたが、広島で本を送る運動を進めており、空犬さんも吉っ読むの集まりで募金を集めたりしている。私自身も、横浜会という大崎梢さんを中心とした横浜近辺の出版関係者の集いで集めた募金を預かっていた。空犬さんも私も、募金先は佐藤ジュンコさんや横田やさんなど、書店関係者が関わっている「こどもとあゆむネットワーク」がいいのでは、と考えていた。だからこそ、話を伺うのはここがいい、と思ったのである(なお、「Book !Book!仙台」や火星の庭については、空犬さんの空犬通信に詳細なレポートがありますので、そちらを読んでください。http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/blog-entry-1629.html
横田やについても、碧野とはまた違った側面からレポートしてくださっているので、そちらもぜひチェックしてくださいね
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/blog-entry-1636.html)。

さて、横田や。こどもの本とおもちゃを売っているお店だが、店構えがとても素敵。年季の P5030155_2 入った木造の古民家風の建物で、「横田や」という木の看板が掲げられている。縁台もあるし、外観見ただけで、三人ともテンションあがりまくり。写真をばちばち撮りました。
店の中も、外観同様わくわくします。右半分は子どもの本、左半分がおもちゃ。おもちゃといっても、いまどきのキャラクター物とかじゃないんだよね。木で出来た、しっかりした造りの、昔ながらのおもちゃ。流行に左右されないので、10年も20年ももちそうなものばかりだ。実際に遊べるコーナーもあって、小さい子がひとりで遊んでいたり。部屋のあちこちに、絵やぬいぐるみが飾られていて、それを見ているだけでも楽しめる。
ここはもともとは140年続いた味噌と醤油のお店だったそうで、横田さんの代で文具と絵本の店に転業した、それが30年以上前。その3,4年後にはおもちゃを始め、だんだん文具が減り、今の形に落ち着いたという。取材がなければ店をずっと見ていたいと思ったが、そうもいかないので、店内の読書用のテーブルでお話を伺った。

横田さんは震災後、10日目くらいに石巻に渡り、現地の保育所を見た。そして、避難所以外P5030159_2 にも本を必要としているところがあることに気がついた。学校、保育所、さまざまな公共施設。
津波の被害はもちろんだが、津波に流されなかった場所でも、たとえば図書室の隣でボヤが起こり、そのために1万冊の本が煙で燻されてダメになったとか。
それで「こどもとあゆむネットワーク」を立ち上げた。子どものために「絵本」「おもちゃ」「文房具」「遊び」を届ける、というのが最初の目的だった。
「いままでこういう仕事をしてきたので、いろいろ繋がりがあり、いろんな情報が入ってくるんです」
送った本は約4万冊。そして、本を届けながら、御用聞きをしていった。すると、本やおもちゃだけでなく、現地で必要とされている物がいろいろわかってくる。パソコンとか、電子ピアノとか、プリンターとか。学校の授業や保育所の活動を支えるさまざまな備品も足りないのだ。
それを集めたり、寄付金を使って購入したり。
「被災地の状況は刻々と変わっているんです。今必要なのは絵本よりも、辞書や調べ学習のための本、授業で使うための本なんです」
寄贈も受け付けるが、寄付金を使って購入する時は、地元で買うようにしている。それが地元への貢献になるからだ。
実に細かい、草の根的な活動だ。こういうやり方であれば、確かに必要としている人に必要 なものが届くだろう。だけど、それをやる横田さんやボランティアスタッフの手間もたいへんなものにちがいない。
「30年も、こういう商売で食わせてもらいましたから、少しは恩返しをしたいと思うんですよ。それに、本とかそういうものは、今のお役所の予算からはなかなか周らないものですからね」

そして今、力を入れているのは、本棚を贈る運動。せっかく本を届けても、届けた先には本棚P5030163 がない。段ボールに入れたままの状態で廊下や部屋の隅に置かれ、そこから取り出して読む、という形になっている。あるいは置き場がないので段ボールから取り出せず、そのまま放置されている。
それで、地元の会社とタイアップし、木製並みの強度がありながら、使用後はリサイクルとして活用できる段ボールの本棚を開発した。それを一般の人に買ってもらい、必要なところに届ける「本棚プロジェクト」を進めている。

http://www.ayumunet.jp/?page_id=304

さらに、物の支援だけでない。今は保育士を支える活動を考えている。
「震災時から公立の保育所はそのまま避難所になった。そこで働く保育士たちは(自分も被P5030156_2 災者なのに)そのままそこで働いている。彼らの疲労はたいへんなものだ。その人たちを誰かがケアしていかないと」
そう語る横田さんは、しかし、決して悲壮ではない。むしろ活動自体を楽しんでいるようにさえ見える。
「だけど、こうした活動をすることで、(本屋である)自分の首を絞めているんですけどね」
深刻なことをさらりと言って、笑い飛ばす。
このおおらかさが、人を集め、こうした活動を実り在るものにしているのだろう。
「僕らはこの活動を3年と決めているんです。3年経っても、まだ僕らの支援が必要だというのなら、それは社会が悪い。そして3年後、僕らは日本一の図書館を造りたい。建物は公共で、中の本はお金を集めて地元の本屋から購入する。それが実現するまで頑張りますよ」

その明るさに救われた気がした。被災地に入ってからは自分たちの無力を痛感することばかりだったが、横田さんの話を聞いていると、まだまだやれることがあるかもしれない、そんな思いが沸いてくる。横田さん曰く、
「今回の震災では、被災地以外の人も傷ついている。だから、その気持ちも受け止めなければと思う」
だから、「役に立ちたい」とやってくる被災地以外の人たちを拒むことなく、本の仕分けなどの仕事を与える。そうすることで、彼らの気持ちが慰められることを知っているからだ。もしかしたら、我々のために時間を取ってくれたのも、同じ想いからだったからかもしれない。
実は横田さん自身も被災し、家屋の破損こそなかったものの、停電や断水などの被害を被った。もちろん商売的な打撃も受けている。にもかかわらず、この思いやり。優しさ。そしておおらかさ。
人はこんなにも優しくなれるんだな。
その事実に感動し、こういう人と出会えた縁に感謝しつつ、店を辞した。
これだけでも、仙台に来た甲斐がある、と思いながら。

後日、横浜会で集めた募金47,086円を全額こちらに振り込みました。本棚と本購入資金に使ってくださいというコメントを添えたので、そちらに利用してくださることと思います。
ご協力くださった横浜会のみなさんに、あらためてお礼申し上げます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

NO.113 あゆみBOOKS 仙台店

さて、ここも某営業マン(リラ・パークこなりの推薦者とは別の方)が強力にお薦めしてくださっP5030143_2 た店。実は紹介されるまでもなく、昨年仙台を訪れた時、ここを訪問している。あゆみBOOKSは昔住んでいた家の近くにもあり、センスのいい店という印象がある。ここ仙台店も、外観からしてお洒落な感じだ。ここもブログにぜひ上げたかったのだが、その時は店長さんがいらっしゃらなかったのでNGだったのである。
だが、今回は某営業マンの口利きもあり、店長の二階堂健二さんにお話を伺うことができた。

実は二階堂さん、つい半年前まで五反田店の店長をされていた。赴任したばかりでまだ地域性がわからず、手探りでいろいろ仕掛けているところに、あの震災。
「震災があったのは、銀行に行っていたのですが、急にカタカタという音がして、ビル全体がP5030147_2 重機に振られているような、尋常じゃない揺れがありました。僕はビルの入り口のところに居て、自動ドアが閉まらないように手で押さえていました。揺れが収まると人がいたるところに出ていて、車も止まって、道が通れない状態になっていました」
それでもなんとかお店に辿り着くと、棚は一本も倒れてはいなかったが、本は半分以上が床に落ちていた。電気も止まっているし、その日はそのままシャッターを閉めた。二階堂さん自身も、その晩は避難所で一夜を明かし、翌日帰宅したという。
しかし、3日後には店の方は電気が通ったので片付けをはじめ、15日には営業を再開した(系列の仙台青葉店も同時期に営業再開。だが、昨年12月にオープンしたばかりの仙台一番町店は、今に至るも営業再開していない)。
「ですが、オープンして最初の2,3日はお客様は全然いらっしゃいませんでした」
たまに地図を探しにくるお客さんがいるくらい。オフィス街の傍にあるこのお店、オフィスが閉P5030146_2 まっているとお客さんもいない。それに近くの店は全部閉まっていたし、電話や電気も通じてない地域も多かったから、ここが開いていること自体、伝わっていなかったらしい。
その状況が変わったのは、傍にあるダイエー仙台が営業再開し、品物が潤沢にあることが伝わって、長い長い行列が出来るようになってから。
被災しなかった我々には想像がつかないが、震災直後は停電や在庫がないなどの原因で、仙台のほとんどの店が営業できなかった。だから、人々は食料を求めてあちこち探し回っていたのである。
「その先の公園のところまでずっと行列ができていたんです」
そのお客さんが、この店にも流れてきた。近隣で開いている店はここだけだったので、目立ったということもあるし、日常の買い物ができることにお客さんがほっとしたということもあったのではないだろうか。
そして、そこからはすごい混雑になった。
「一番、聞かれたのは『少年ジャンプ』、それに『コロコロコミック』といった子供のコミックです。P5030145_2 女の子ものでは『チャオ』とか」
すぐに在庫が足りなくなるが、休んでいる一番町の在庫を持ってきたり、出版社から直送してもらったり、宅急便が復旧してからはそれで送ってもらったりして対応したという。
その後は、震災関係の本が動いた。500円ぐらいのグラフ誌それに地元の河北新報社の写真集がやはり売れた。ほかにも、コミック、文庫、あらゆる娯楽系の本が売れた。ことに時代小説は、毎日補充が必要なほどだったという。

郊外の書店は停電などが続き、なかなかオープンできなかったので、この店の混雑状態は震災後2ヶ月ほどは続いた。最近になって、ようやく店も落ち着きを取り戻してきたという。私が訪れた日も、店はほどよく混雑し、平台や棚にも、工夫を凝らした展示がなされている。1年ほど前に訪れた時と、あまり変わりがないように思える。
「だけど、車で10分も行けば、津波で何もなくなったところに出ますから。この辺を歩いている人でも、近親者を亡くした方はたくさんいますし、レストランや喫茶店でも、そんな会話が聞こえてきたりします」
おそらく、スタッフにもそういう方がいるのだろう。よそから来た二階堂さんにはそうした被害はなく、だからうかつに震災のことを語ることはできないと感じているようだった。私に話しをするのも辺りに気を遣い、小声で話されていた。

一見、平穏に見える仙台。実はその前日、佐藤店長と駅近辺で食事できる店を探した。閉P5030148_2 まっている店はほとんどなく、いいなと思う店は混雑して入れなかった。お客さんは賑やかに酒を楽しみ、仲間と談笑しているようだった。この日行われていた一箱古本市も活況だったし、アーケードのある商店街ではコーラスグループが歌を歌っていたりして賑やかだった。
すっかり元通りなんだな、と思ったのは他所者の錯覚で、目を凝らせばあちこちの建物にひび割れや落下の後が残っているし、何よりまだ人々の心には震災の記憶が生々しく残っているのだ。
だけど、だからこそ「仙台はもはや被災地ではない」と言いたくなるのだろう。ともすれば、被災の生々しい痛みに気持ちが引き裂かれそうになる。だけど、そこに耽溺していても何も始まらない。だからこそ、意地を張っても、大丈夫だと他人にも自分にも言い聞かせる。
「仙台人の誇りに賭けて、もはや被災地とは言わせない」
ジュンク堂仙台ロフト店の山口さんの言葉を、私はもう一度思い出していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NO,111 ブックスミヤギ再び

東松島に行くバスに乗るまで時間があったので、駅ビルのブックスミヤギを訪ねた。新幹線P5020102 のホームに近いのでその待ち時間に立ち寄るお客さんが多いようだが、この日も店は前以上に混雑していた。幸い、前回お会いした細川早苗さんが居てくださったので、お忙しい仕事の合間にちょっとだけお話を伺った。

「こちらは、震災時は天井が少し落ちたりして、20日ほど休みました。4月1日からオープンしたのですが、その直後はこんなに人が来るなんて、と思うほど人が来ていましたよ」
こちらのお店には、震災関連本の平積みのほか、仙台や福島の本のコーナーがあった。福P5020103 島の情報誌「Monmo」そして仙台の情報誌「りらく」がバックナンバーもあわせて壁一面に展開されている。
「被災地の版元を応援しようと思って」
おお、素晴らしい。
これもまた、書店なりの支援のやり方だ。
東京の書店でもそんなコーナーがあるかな?被災地の本を被災地以外のところが盛り上げてこそ、と思うのだが。「Monmo」や「りらく」それに個人的には盛岡の「てくり」や「rakra」をあわせ、さらにそちらのガイドブックといっしょ にコーナーを作る。フェアタイトルは「この夏、東北へ行こう!」なんてどうかな。
実は「てくり」のスタッフの人に伺ったところ、東京で「てくり」を置いている店はほとんどないそうだ。あんなに素晴らしい本なのに。見るとびっくりするよ、レベルの高さに。絶対、東京でもお洒落な本が好きな人にはうけるはず。東京のタウン誌2誌でライター経験のある私が言うんだから、間違いない(って、私はてくりの回し者か)。

駅ビルの、混雑した店なので、早々に退去したが、それでも細川さんの明るさは嬉しかった。P5020104_2
「東京から来る版元さんにも、『元気ですねえ』と、あきれられるんですよ」
震災後、混雑して忙しいが、それもまたよし。家を失ったり、仕事を無くしたりする人もまわりに少なくない。そんななか、
「行くところがあって、ほんとによかったと思うんですよ」
と、細川さんは笑う。
そうだ、すでに仙台は次への一歩を歩み出している。そんな時に、するべきことのある人間がくよくよしていられない。
そんな力強さを感じさせる笑顔だった。
短い時間だったが、心和まされるひと時だった。
来てよかった、と思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.109 さわや書店フェザン店 再び

さて、宮古から終バスで盛岡に戻る。着いたのは8時半過ぎ。フェザン店は9時までなのでP5010091_2 閉店直前だったが、事前にアポを取っていたので、田口幹人さんが待っていてくださった。

この店はあのさわや書店の系列店ということで有名だが、近年はツイッターでさかんに情報発信していることでも知られている。私はツイッターで書店を数多くフォローしているが、その中でもこの店は目立つ。震災直後、ツイート上から震災情報以外の書き込みが消えた時でも、この店だけは自店や岩手県内の情報をさかんに発信していたのが印象深かった。

「震災当日は店にいて電話をしているところだったのですが、突然、地震速報が鳴って、電話P5010081 が切れ、何があったのだろうと思う間もなく、揺れがきました」
だが、駅ビル自体が頑丈に出来ていることから、地震の場合は外に出るよりビル内に居た方が安全だ、そういう指導を受けていた。それで、お客さんを外に出すことなく、ビルの中で待機していた。店内は平積みの本が崩れたり、棚から一部落ちたりしたが、壁や棚が崩れたりすることはなかったが、電気が消え、バックヤードの方で配管が破れたところがあったという。
震災が収まった直後は電気が止まり、電話も通じず、テレビも映らず、何が起こったかわからない状況だった。が、そこはやはり田口さん、ツイッターでまずスタッフの安否確認を行ったという。スタッフの多くがツイッターを利用しているこの店、ほどなく全員の無事が確認されたそうだ。

震災の翌日はビル自体の立ち入りが禁止され、2日後に片付けすることが許された。同時にP5010082 田口さんたちフェザン店のスタッフは、ツイッターを通じて盛岡の情報を流すことを始めた。
「その時は情報がなく、ラジオだけが頼りだったのですが、それにしても盛岡だけフォローしているわけではない。だったら、うちのツイートに情報を集めようと思ったのです」
震災直後はどのラジオもテレビも被害の大きさやまだ続いている2次災害の情報を伝えるだけに追われていた。しかし、被災地それぞれで生活があり、必要とされる情報がある。
たとえば、どこのスーパーが開いているとか、ガソリンがどこで手に入るとか、どこの信号が消えていて危ないとか。
「幸い、うちのスタッフは盛岡のあちこちに散らばっていますから、それぞれがそこにいて知りえた情報を流したのです」
実はこの店、震災後、わりと早い時期(3日後だったと思う)には店を再開した。
「その時のお客のいなさ加減に愕然としました。JRもバスも止まっているし、タクシーも走っていないから、当然といえば当然なのかもしれないのですけど」
そして、オープンしたその翌日には、再び店を閉めることになった。ビル自体の安全点検のP5010087_2 ため、8日間、休業を強いられたのである。
「それで、今自分たちがやるべきことに頭を切り替えたのです」
店は閉めたが、品物は入っていた。それを支店に届けながら、情報を集めていったという(当初はガソリンがないために、台車を押して周ったそうだ)。

なるほど、そのためのツイートだったのか、と今になって理解する。そうした情報の価値は被災しなかった我々にはぴんとこない。マスメディアに映る被害の凄 さとか、原因追究とか、政府の対策とか、そうしたものに目が行ってしまうし、それらが一番大事な情報だと思ってしまう。
しかし、被災してもなお生活する人々には、起こってしまった災害を振り返るよりも、今日明日をどう生き抜くかが大事なことだったはずだ。
この店の流した情報は、それを手助けするものだったのだ。
「素晴らしいことをなさいましたね」
感心する私に対して、
「いえ、それも地場の店の役割だと思いますから」
と、気負いなく答える田口さん。

地場の店。
そうなのだ。さわや書店は本店もフェザン店も地場の店、という言葉がスタッフの口から出てP5010083 くる。
大型チェーンでなく、岩手だけでずっと頑張ってきた店。岩手の人たちと歩んできた歴史がある店。そうした誇りを、スタッフの言葉だけでなく、店の品揃えからもひしひしと感じる。
そして、そういう店が地元の危機に直面した時、やるべき行為としてごく自然に「情報発信」ということが出てきたのだろう。

震災後、何か変わったことはありますか、というこちらの質問に、
「震災直後はビジネス書が全然売れなかったのでそのコーナーを縮小し、かわりに郷土のもP5010090 のをすごく増やしました」
昔の岩手の風景を写した写真集であるとか、歴史書であるとか。数が少なかったが、版元に直接交渉したりして本をかき集めたという。もともと郷土コーナーが充実していることに掛けては、私が回った100軒ほどの店のなかでもダントツだったが、さらにそれを増やしたのだ。
「流されてしまって失われた光景を、記録として残しておかなければ、と思うのです」
田口さんは当初、震災のグラビア写真を置くことさえためらった。被災して傷ついた人たちに嫌なことを思い出させる、そんな気遣いが働いたのだ。その優しさゆえのコーナー作りだったのだろう。
「岩手の人は声高に郷土愛を叫ぶわけではないけど、郷土に対する執着は強い風土だと思います」
ところで、結果的には、昔のものも被災写真も両方とも動いている。古き良き岩手を懐かしむと同時に、今の郷土の苦難もしっかり見つめておきたい、そんなふうにしたたかにお客さんは思ったのではないだろうか。そういう意味では、田口さんの読みは、いい方に外れた、と言えるかもしれない。

あっという間に時間が経ち、閉館を告げる館内放送が流れた。それで店の外に出ると、廊下P5010093 に「がんばろう東北」という手作りのポスターが飾られているのを見つけた。その文字はよく見ると、スマイルマークの丸い切り抜きを集めてかたどったものだった。
「ツイッターに写真を上げたら、それを観たあちこちの書店で同じものを作って飾ってくださったんですよ。すごく嬉しかったですね」
全国ツイッター書店の応援。
同じ仕事をする仲間として「応援しているよ」という気持ちの表れ。
声高に被災者支援を叫んだり、わざわざ現地に行かなくても、こういうやり方もあるのだな、とP5010095 思う。
いまの時代でなければ生まれないやり方だし、ツイッターを駆使しているこの店に対して何よりの応援ではないだろうか。

東北一日目はこうした終わった。
しんどい一日だったが、最後のポスターで心和んだ。
東京でこのスマイルマークが見られるといいな、と思いながらホテルに向かった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧