« NO9:ジュンク堂書店ロフト名古屋店(名古屋市中区) | トップページ | NO11 らくだ書店 東郷店(愛知県愛知郡東郷町) »

NO10 あおい書店 名古屋本店(名古屋市中区)

さて、この日(2月8日のラストはあおい書店)。
Img_0348 担当編集者にいただいた書店リストに入っていた栄町のお店のうちの一軒。栄近辺でも多めに扱ってくださっているお店。丸栄スカイルの5階にある700坪の大型店。
丸栄。地元の人間はみな知ってるデパートの名前。松坂屋は一応、東京にもあるので全国区だが、丸栄はたぶん、名古屋ローカル。丸栄の栄は栄町の栄だよね、きっと。同じ名古屋ローカルのオリエンタル中村がなくなってしまったので、丸栄にはぜひ頑張ってもらいたいと思う。

この日は午後に取材があって、それが終わってから周りはじめたので、お店に着いた段階ですでに6時。場所が場所だけに、仕事帰りのOLや会社員でお店も混雑しはじめている。
そんななか、牛田光洋さんにお話を伺った。

Img_0350 1.仕事で気をつけていることは?
どのジャンルも偏りなく揃えるということですね。売れそうなものや、話題になっているものをいい場所に置くことは気をつけています。
2.仕掛けてうまくいった、というものがあれば。
まだこちらのお店に来て半年なので、これからというところなのですが、「誰とでも15分以上会話がときれない話し方66のルール」は思ったより売れましたね。
 3.書店員になってよかったことは?
本がたくさん読めるということでしょうか。
4.接客で印象に残ったことなどがあれば。
Img_0352Img_0356_2 最初にこの仕事を始めた時、お客さんから「ありがとう」と言われたのは嬉しかったです。自分はわりと愛想がなく、あまりそういう言葉も使わなかったのですが、自分が嬉しいと思ったので、それ以来、なるべく「ありがとう」と言う言葉を使うように心がけています。お客さんに教えられた、という感じです。
5.印象に残る営業マンは?
あまり押し付けがましくない方がいいですね。かといって、さらっとしすぎていても困りますが。押しの強い方は苦手です。
6.気になるほかの書店は?
Img_0353 やはり、近隣の丸善名古屋栄店さんとジュンク堂書店名古屋ロフト店さんですね。
それから、東京のジュンク堂書店池袋本店で「作家書店」(作家の選んだ本を集めてコーナーを作る企画。選書をする作家は月替わり)をやっているのを見たときは驚きました。よくあれだけのすごい作家に依頼できるなあ、と感心しました。
7.これからやってみたいことは?
そうですね。やっぱり新潮文庫の「白い犬とワルツ」のように、書店から火がついた、というImg_0355 ようなことをやってみたいですね。

老舗のデパートの新館の中にあるということで、幅広く、偏りなく本があるというあおい書店。堅実なラインナップが揃っているという安心感に支えられ、月曜の夜でも多くのお客様が集まっていた。買い物のついでにふらりと立ち寄ったり、待ち合わせなどにも利用しがいのあるお店だ。

|

« NO9:ジュンク堂書店ロフト名古屋店(名古屋市中区) | トップページ | NO11 らくだ書店 東郷店(愛知県愛知郡東郷町) »

中部地方の書店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552111/47523655

この記事へのトラックバック一覧です: NO10 あおい書店 名古屋本店(名古屋市中区):

« NO9:ジュンク堂書店ロフト名古屋店(名古屋市中区) | トップページ | NO11 らくだ書店 東郷店(愛知県愛知郡東郷町) »